Aug 19, 2019


今日の午後は急に暗くなってきたなと心配していたら、どかーんと激しい雷雨。

雷鳴が轟くと耳と目を覆ってしまいたくなるくらい、わたしは雷が大の苦手なのですが、先月「雷は平気ですよ」と答えてくださったお客さまとの会話をふと思い出し、今回は幾分か心静かに過ごせました。

さて、気を取り直しまして。

先週末はあちらこちらで地蔵盆が行われていました。






























お店の近くの町内に一日だけお目見えする吊り灯籠。

毎年楽しみにしている光景ですが、通りの古い日本家屋が取り壊されていく様子を目の当たりにすると、少しやるせない気持ちにもなります。


The lantern tells me the end of summer.









Aug 17, 2019

Okuribi 2019

台風の影響で15日の夜中は強い雨が降り続きましたが、朝にはやみ穏やかな一日となりました。






























昨夜、(偶然見つけた)初めての場所から眺めた送り火、日下さんご夫妻とご一緒して。それぞれの松明が確認できるくらい、大文字山に近いところです。

この場所はすこし開けているので、(また台風の影響からなのか)風があって涼しく、混雑せず適度に賑わい、とても快適に鑑賞することができました。








Aug 15, 2019

Notice of temporary closure

台風接近(強風)のため、本日8月15日(木)はお休みさせていただきます。

まことに申し訳ございません。

みなさまどうぞお気をつけくださいませ。

Due to the typhoon ( KROSA ), it's so windy.  Unfortunately, I close Umwelt today.













































Aug 13, 2019

Palm Mall

ゆっくり近づきつつある台風が気になるところですが、Umwelt はお盆の期間中お休みなく営業いたします。

A typhoon ( KROSA ) is approaching now. I feel fear about that... but I'll open Umwelt on 15th August.











































6月のオランダ、初めての場所で迷っていたときに見た景色。この日の日差しも眩しかったな。

And now I remember a scenery when I got lost in Netherlands.


オランダ出身の「猫シCorp. 」による「失われた未来」がコンセプトのサウンド一昔前のコンピュータでつくったようなヴィジュアル・イメージ、ちょっと奇妙な日本語のアーティスト名も含めて、これが今日的な感覚なのかもしれません、ふむ。








Aug 11, 2019

Mountain Day

今日は山の日ですね。

It’s a national holiday called ‘Mountain Day’ in Japan, today. I enjoyed walking and viewing along ‘Kamogawa’.





















































鴨川沿いを歩いていると、遠くに見える山々の稜線がとても美しく見えます。

自宅の縁側に掛けている marimekko ‘JOIKU’ が時折この遠景のように思え、不思議な気分になるときがあります🏔。

‘JOIKU’ designed by Aino-Maija Metsola, marimekko in my home.








Aug 9, 2019

Power of Ceramics : Modernism in Finnish applied Arts

昨日は休日を利用して、現在、大阪市立東洋陶磁美術館にて開催中の『Power of Ceramics : Modernism in Finnish applied Arts フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア』展に行きました。『marimekko SPIRIT   FINLAND MEETS JAPAN』展も同時開催されています。

It's quite hot now.
I visited the exhibition 'Power of Ceramics : Modernism in Finnish applied Arts' and 'marimekko SPIRIT FINLAND MEETS JAPAN' in The Museum of Oriental Ceramics, Osaka.






























昨年の春、茨城県陶芸美術館から始まった『Power of Ceramics : Modernism in Finnish applied Arts フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア』展は、東京・岐阜・山口を巡回し、大阪で終了となります。

以前( 2013年の特別展 )『GLASS DESIGN from FINLAND 森と湖の国 フィンランド・デザイン』展を観た場所で、今回はフィンランドの陶芸作品を鑑賞できることをとても楽しみにしていました。

☟こちらは、6年前に東洋陶磁美術館を訪れたときの写真です。











































今回の展覧会では、カッコネン・コレクション( ガラス作品なども含め 7,000点以上 )から選出された近代のフィンランドを代表する作家の作品がずらりと並んでいます。トイニ・ムオナをはじめ、ミハエル・シルキン、ビルゲル・カイピアイネン、キュリッキ・サルメンハーラ、ルート・ブリュックなどなど。

作品の写真撮影は自由です。






























特に印象に残ったのは、☝︎ビルゲル・カイピアイネンの大きな陶板や

Birger Kaipiainen's wall plaques, 'Sleeping Beauty' and 'Circus'.






























☝︎ルート・ブリュックの陶板 、側面の比較。

Rut Bryk's 'Noah's Ark', Collection Kakkonen






























☝︎こちらのビーズバードは、堂島川を眺められる窓辺に展示されていました。

Birger Kaipiainen's beads birds (curlew) are displayed by the window.






























会場内には、ドムスチェア。

フィンランドの近代的な陶磁器と普遍的な古陶磁の逸品が並ぶ常設の安宅コレクションとをあわせて堪能できることがとてもよいなと思います。

開催は、2019年10月14日(祝)までですので、涼しくなってからのお出かけにも。

I hope that you also feel real traditional 'Powers of Ceramics' in permanent collection of The Museum of Oriental Ceramics, Osaka.









Aug 6, 2019


琉球でつくられた嘉瓶( ゆしびん )。

東京堂出版『沖縄文化史辞典』によりますと、この独特のかたちは泡盛を入れて持ち歩きやすいようにと生まれたそうです。

Old bottle made for alcohol in Ryukyu. 






























そのことに加え、☝︎こちらの嘉瓶には編んだ棕櫚縄が掛けられているのが造形的にも面白く、いっそう持ち運びやすくなっています。

「背の高い植物を生けるのによいかな」と選んでくださったお客さまのもとで、これからも働いてくれますように!






























なお『沖縄文化史辞典』は、Umwelt 店内「小さなあがたの森書房」にございます。

この辞典の刊行が沖縄の日本復帰の年(1972年 )だったことは、非常に意味があったと思います。耳慣れない言葉や風習がわんさか出てきますので、辞典を読む面白さも味わうことのできる貴重な一冊です( 写真や挿絵なども多数掲載されています)。